テスト

.

基本情報

ルーマニアは古代ローマの影響を強く受けていて東ヨーロッパの中では唯一 ラテン系の国

公用語のルーマニア語はラテン語に近いロマンス語 ローマ帝国が公用語にしていた言語 

ローマ字まま読める 発音も日本語に近い

ルーマニア出身の体操選手 コマネチが有名

コマネチ_R

イーユーに加盟しているがユーロは使用していない

物価が安い

ルーマニア人はローマ人の末裔(まつえい=祖先)と言われている

スラブ系民族が多いバチカン半島に置いて ルーマニアはかつてローマの支配下にあった

それを誇りに思った住民たちが ローマに似た町=ルーマニアと命名した。

面積は日本の本州やイギリスの国土と同じくらい 5か国と国境を接している

国の中央にパルチナ山脈が走っている

ルーマニアは国土の4割を深い森におおわれている

チャウセスク時代には農業が危機的状態にあったが今は前より農業をする人が増えた

小麦 ワイン トウモロコシなどが主な産業

1980年代 チャウセスク政権は工業に重視し農業が衰退し一次 食糧危機に陥ったこともあった

日本とルーマニア(地図)_R

宗教

ルーマニアにはドイツ人やハンガリー人も多く暮らしている

ルーマニア正教以外にカトリックやプロテスタントの人も多い

テレビ事情

チャウセスク独裁政権時は国営のテレビ局しかなく しかも 電力事情が悪く 1日2時間の放送で打ち切りとなっていた。

現在は民営化され30を超える放送局がある

ルーマニア料理

肉料理が多い 中でもデザートの評判がいい

ルーマニア料理_R
ルーマニア料理 デザート2_R
ルーマニア料理 デザート_R

ババナッシュ(ドーナッツ)
ババナッシュ_R

サルマーレ(ルーマニアのロールキャベツ)
サルマーレ_R

羊のミルクで作ったチーズ

羊は牛より乳の出が少ない その代わり脂肪分が牛の3倍ある

作り方は羊の胃袋にお酢と羊のミルクを入れ

火のそばで15分ほど寝かせる 固まってきたらゆっくりとかき混ぜ徐々に分離させる

さらに布でこす 

豚の軟骨

豚の軟骨は生で食べる習慣がある

パリンカ(蒸留酒)
パリンカ(蒸留酒)_R

歴史

紀元前 ルーマニア地方はダキアと呼ばれていた ルーマニアにはもともとダキア人が住んでいた

ダキア人_R
ダキア人と狼_R

その後 ローマに占領され 地名もローマ人の町 ルーマニアと呼ばれるようになった。

ルーマニアと言う言葉はローマの国と言う意味 ローママニアも言われていた

西暦106年 ローマ帝国皇帝 トライアヌス帝はドナウ川を越えダキア人の住むルーマニア地方を支配する

ローマ人によりルーマニアの原型が作られた

トライアヌス帝2_R
トライアヌス帝_R
トライアヌス記念柱_R

271年 ローマ軍がモルドバ ルーマニア地方から撤退した後 いろいろな人が集まりルーマニア人が形成された

12世紀 トランシルバニア(現ルーマニアの一部)がハンガリーの属国として建国される

ちょうどそのころドイツ人がトランシルバニアにシビウの町を作る

ハンガリーの王はトランシルバニアに異民族を送り込んだ そのため様々な文化が発達した。 一方で異民族の対立は今でも根深い

14世紀 マラムレッシュ地方にキリスト教が伝わる その後 カトリックでも正教会でもない独特なキリスト信仰が生まれる

同じ頃 ハンガリーとルーマニアのあたりにワルキア公国と反ハンガリー派のモルドヴァ公国が誕生する

その後 ルーマニアのあたりはオスマン帝国の攻撃を受け占領されてしまう

マラムレシュ 聖大天使教会

15世紀 ルーマニアにはワルキア モルドバ トランシスバニアの3つの国があった そのうちワルキアとモルドバは もともとハンガリーの領土にあった。

その3か国は それぞれオスマンとハンガリーの属国となる

(同世紀)ワラキア王のブラド3世(別名=串刺し王)が誕生する。

ブラド3世は吸血鬼とは無縁だが小説ドラキュラのモデルとなった人物

ブラド3世は強権だったがオスマンに対抗したルーマニアの英雄となった

ドラキュラの自画像_R
ブラド3世(ブラド ドラクル)_R
ブラド3世の像_R

1408年 神聖ローマ帝国はハンガリーの領土を守るため竜の騎士団を結成する

1431年 ブラムストーカーの小説ドラキュラ伝説(別名 吸血鬼伯爵)のモデルとなった将軍が東ヨーロッパで生まれる

ブラムストーカー_R
ブラムストーカーの像_R
ブラムストーカーの石碑_R

1476年 ドラキュラ伝説(別名 吸血鬼伯爵)のモデルとなった将軍がオスマン帝国との戦いで戦死する

16~19世紀 ルーマニアはオスマン帝国の支配下に入る

18世紀 ハプスブルクの支配下に入ったルーマニアでは300以上の城が取り壊された。

1859年 ワラキアとモルドバが合併しルーマニア公国が誕生する

1881年 3か国が併合されルーマニア王国が誕生する

1918年 トランシルバニアがルーマニアに組み込まれる事が議会で決定する

トランシルバニアを含む ルーマニアの地図_R
赤いところがトランシルバニア_R

1940年 トランシルバニアの北部がハンガリーの領土となる しかし第2次大戦後 再びルーマニアに返還される

1941年 ルーマニアとドイツが同盟を結ぶ その結果 ドイツはサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)の領土を手にする

しかしその数年後の1944年 ルーマニアはドイツを裏切りアメリカ ソ連 イギリスの連合国側に付く

ルーマニアはソ連の影響下に入り 表現の自由が奪われ詩を読むことが禁止された 特にルーマニアの愛国心を歌った詩は厳しく罰せられた

1945年 第2次大戦後は王政が廃止されルーマニア人民共和国となる さらにその後 ルーマニア社会主義共和国となる

1960年代 チャウセスクの近代化政策でブカレストに残っていた中世の街並みは取り壊された

1965年 ルーマニア共産党 第一書記に就任したチャウセスク(47)はほかの東欧諸国と違いソ連に反発的だった。

1968年のソ連がチェコに侵攻した際はソ連を非難し 西側諸国から称賛された。そのかいあってルーマニア経済は大成長を遂げた。

1970年代 チャウセスクは北朝鮮や中国を訪問し次第に独裁色を強めていく

1980年代 チャウセスク政権はソ連のペレストロイカを否定した。
ルーマニアは東西両陣営(ソ連アメリカとヨーロッパ)を敵に回した。

冷戦終結で それまでルーマニアはアメリカと仲が良かったが決別した。 

アメリカとの決別が経済崩壊だけにとどまらず政権崩壊にもつながる事となる

チャウセスク大統領_R
チャウセスク_R
チャウセスク2_R

ルーマニア革命

1989年 革命は まず ハンガリーとの国境で始まった

欧州民主革命で唯一 ルーマニアが1000以上の犠牲者を出す流血の事態に陥る

チャウセスク政権の秘密警察が市民に発砲したのがきっかけとなり 銃撃戦が始まり1000人以上の死傷者を出した。

欧州民主革命(ルーマニア)_R
真ん中が切り取られた国旗(ルーマニア革命)_R
ルーマニア革命1_R
ルーマニア革命4_R

翌日 デモ隊の鎮圧が目的だったはずの軍がチャウセスク政権を裏切り民衆側に就いた。

10万の群衆がチャウセスクの演説を聞くために広場に集まった。

演説開始直後 突然 群衆が騒ぎ立て演説は中断

その直後 チャウセスク夫妻はヘリコプターで脱出

チャウセスク24年の独裁体制で初めての出来事だった

翌日も抗議集会が行われ多数の市民がチャウセスク打倒を叫び共産党本部へ押し寄せた

共産党本部は民衆に占拠された さらに国営のテレビ放送局も暴徒化した市民に占拠された。

一方 逃亡中のチャウセスクは逃亡から1日で捕らえられ裁判にかけられる事になった

チャウセスクは死刑を宣告され2日後に銃殺された。

革命に成功したルーマニアの新政権は3つの目標を掲げた。

①民主主義の確立

②市場経済への転換

③孤立を捨てヨーロッパの一因になる事

1990年 革命後初の選挙が行われ革命で滅んだはずの共産党が勝利しまたしてもデモや暴動が発生する事態となった。

物価が上昇し経済も低迷 町には失業者が増えた。

1996年 選挙で初めて共産党以外の政党が勝利した。大きく民主化にかじを切り 西側諸国との関係は改善された。

国営企業の民営化を図った。しかし改革を一挙に進めすぎた為 かえって経済を悪化させてしまった。

2007年にEUへの加盟を果たす 以降 外国からの投資が増え 大型ショッピングモールの建設など建設され高度経済成長を迎える

ルーマニア革命2_R
ルーマニア革命_R
ルーマニア革命6_R
ルーマニア革命3_R
ルーマニア革命2_R

しかし2008年のリーマンショック(アメリカ発の金融危機)により失速する

犠牲者慰霊塔
犠牲者慰霊塔_R
犠牲者慰霊塔2_R

スブレット教会

500年前に混入された 壁にはルーマニア革命の銃撃戦の弾痕が残っている

ルーマニア革命の銃撃戦の跡(弾痕)_R



1基本(歴史&料理)
2ドラキュラ伝説と陽気な墓
3ブカレスト
4トランシルバニア
ドゥーズィエムクラス コルピエロ テーパードパンツ